紛失補償は新品じゃなきゃダメ?

子どもが図書館で借りた本。
いつも決まった位置に置くのだけれど、今回借りた
ある本が随分お気に入りでおでかけや祖父母宅にも持っていったりしていました。
そこで返す数日に前になって確認したら自宅や車、ジジ宅にも無い!!

これは弁償だなと思いつつ、窓口で紛失手続きをして本屋さんを回ってみたら、ビックリするくらい見つからない。

タイトルからネット検索すると何度も重版されているので人気のない本ではなさそう。
けれど、大人も子どもも読むような本で、児童書なのか文芸書なのか微妙なライン。

本屋で置いてある棚がなかなかピンとこない。
さらに珍しいパターンかもしれないが、重版の版ごとにタイトルを見なければ別の本じゃないの?ってくらい装丁が違う。

こんなに違うのに最新版を買って返すのか疑問になって検索したけど、
補償が新品or古本かが明記されてるページって意外なほど見当たらない。

結局図書館に電話で確認して、綺麗なものなら古本でも構わない(絶版など古本しかない場合もあるので)との返事を頂いて、
同じ版でお返ししました。
司書さんの常識だと実際はどうだったのか気になるところ。