愛媛に暮らしています

とにかくどこかへ行きたくてですね、とりあえず近場で電車で行けてできれば県境越えたい……そうだ高松へ行こう!!

ってことで高松へ向かったのですが向かうための電車がですね、 JRの特急に乗っ
たのですが、

まあこれが揺れる揺れる!!!!!
母から「愛媛のJRはヤバイ」と聞かされたんですが、地方JRに乗ったことのない私はまあ舐めてましたね田舎のJRというものを・・・

いったいどういう角度で走ってんだってレベルで傾いたり、電車自体に「がんばって走ってる感」があり、
絶えず振動がダイレクトに体全体に伝わります。内装はいいのに。椅子の座り心地もいいのに。

私、とても酔いやすいのですね。

酔い止め飲んでも車の座席のかほりを嗅いだだけで酔い始める程度にはとてもとても酔いやすいのですね。まさか電車でヤバくなるたあ思わなかった。

まあ長年の対策と検証の結果、「好きな歌を絶えず耳元で流し景色を見ながら口パクで熱唱し続ける」という秘技を会得したことによってげろげろに酔うことはまずないのですが。
そう景色。見渡す限り「ザ・地方」って感じの特に面白味のない景色でそれがより酔いを助長していきます。

私は「何が何でも高松に健康体でたどり着く」という鉄の意志をもって、酔いという概念を頭から排除し絶えず口パクで熱唱し続けることに力を振り絞り、眠くなったら寝ました。

無事高松にたどり着いたときの私の心の中で鳴り響く歓声といったら!!
しかし、高松駅のホームに一歩踏みしめたとき、私は気がついてしまったのです。
帰りもこの苦行に身を置かなくてはならないことに……。
p.s. 帰りはアンパンマン列車でちょっと恥ずかしかったのですが、これが比較的揺れが少なく、気持ちよーーく眠れました。
どうやら新しい列車ほど乗り心地はいいようです。